和服は日本文化を表す装いとしてなくてはならない存在

2人のレディ

女性の格式と振袖

2人の婦人

大阪の晴れの舞台で着る華やかな装いとして、振袖はいつの時代も人気です。色々なデザインがありながら、振袖本来の美しさは多くの女性を魅了しています。小さい頃から成人式まで大切なシーンで着られるものだからこそ、しっかり選びたいことでしょう。振袖の特徴である袖の長さは、未婚女性が持つ格式の高さを表しているとされています。そのため、実は若い女性だけでなく、未婚女性であれば誰でも着ることができる正装になります。大阪の未婚女性で年齢的に気になる人には色留袖も人気ですが、現代は美魔女と呼ばれる若い女性や美意識の高い人も多いので振袖を着ると若々しさをアピールできるでしょう。サテンやシルクの光沢感のあるドレスや洋服に比べて、華やかでありながら落ち着いた和の良さを持つ振袖はやはり人気です。振袖を着る若い人に対して、袖の短い留袖を着る既婚女性がいます。大阪の結婚式で黒の着物を着ている人は、留袖になります。留袖は振袖と違い、メインの色が黒になるのでとても大人っぽい印象があります。家紋を入れたり、使う帯にきらびやかな金色のものなどを選んだりするためゴージャスさもあります。基本的に留袖は振袖と反対に既婚女性の正装になりますが、未婚女性が着ても良いとされています。大阪の未婚女性が着る場合は色留袖もありますが、見た目の印象はやはり振袖の方が明るいため晴れの日には振袖が良いでしょう。振袖は様々なデザインや色味があるため、専門店で実際に見ながら選んだり、参考サイトで調べてみたりすると良いでしょう