和服は日本文化を表す装いとしてなくてはならない存在

レディ

和の装い

反物

日本人の装いとして和服は無くてはならないものです。西洋文化が入ってきた明治以降和服に対するデザインや考え方が大きく変わりました。昭和になると日本の半分以上の人が和服ではなく、洋服を着用するようになり、着物や半被などは大事な行事や趣のあるシーンで着られるようになりました。和服は着物や浴衣が有名なので上から下までつながっているイメージが強いと思いますが、実は弥生時代に南方系の衣服として既に上下で分かれた二部式になっていました。日本ならではの改良するアイデアや柔軟性が垣間見れます。現代では、振袖や留袖、訪問着や浴衣などを持っている人も多いでしょう。和服での正装は着物のデザインや使われている素材によって決まります。また洋服の清掃としてはシャツがあります。シャツは男性の場合自分側から見て左側が上になっていて、女性の場合は右側が上になっていると思います。しかし着物だと男女ともに左側が上になります。相手から見ると英字のyの形と覚えると、和服を着こなす際に間違うことはありません。和服を着ることの多い職業として、やはり日本文化を伝える茶道や華道、書道といった文化があります。武道でも剣道や弓道に用いられています。和服を用意する必要がある時は専門の呉服店を利用すると、和服以外の小物も購入できます。和服は形によって格式が変わるので、より詳しく調べることができる専門店のホームページなどを見ながら購入すると安心です。最近の通販は品質が良く値段が抑えられているので、利用しやすいでしょう。

女性の格式と振袖

2人の婦人

未婚女性の正装として振袖があります。大阪の大事な行事に参加したり、晴れの機会で自分の魅力を引き出しながら格式を演出したりできる振袖を着ると良いでしょう。専門店のサイトを見てみると参考になります。

More Detail

着物の品質と値段

着物

着物の品質を決めるのは、完成までにかけた手間暇です。それがそのままその着物の値段になっているため、安心して長く愛用できます。最近は手入れがしやすい化繊を使った着物もあるので、自分に合ったものを選びましょう。

More Detail

購入せずにレンタルを利用

女性

着物レンタルというサービスが、京都を中心に全国的に流行っています。とても便利なサービスで、着物の購入が難しい人や忙しくて選ぶ時間がない人でも、気軽に利用できるので嬉しいでしょう。

More Detail